--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

 もしかしたら・・・ 『デタガリ病』 かな???

ある人のブログタイトル をみて、『ギクッ!! 』 一瞬 身に覚えが あるアイスです。


晴れてひと月の入院生活を終え、家に帰った日から今日に至るまで 何人かの見舞い客に
ついつい 見せたくなってしまう モノ があります。

それが・・・ 「おなかのキズ!!」 
横隔膜の下に 「へ」の字 についた 約20センチの手術のキズ!!

これを (または、写真を) おもむろに相手に見せると たいていの人が驚いて・・・くれる!!
あっけらかんとしたアイスと、ナマ傷とのギャップが大きいらしくみんな急にやさしくなる(笑・・・)

これに味をしめた アイスの 『おなか』 本当に 『デタガリ (いや、ダシタガリ?)』になったかも・・・



そんな、キズがあれば 当然すぐには職場復帰とはいかず それどころか、家の中を歩くのでさえ
腹をおさえながら 前かがみの 「高齢者スタイル」 となります。

まずは、当然1階だけの生活。 家では畳にフトンなので、起き上がるのも一苦労。
要介護者にはベッドは必需品であることを実感しました。

アイスの自宅は 階段一段ぶんフローリングより座敷が高くなっていますが、はじめのうちは
こんな段差すら障害になりました。 ヨッコラセ・・・(笑!)

ずくまるのも、高いところに手をあげることもできず、力もはいらないこの身で、家事をするのは
大変です。特に長時間同じ体勢にになる「調理」は思いのほか大変!!

足の筋肉の落ちたアイスは座りながら 「まな板」が使えて、しかも水や野菜くずなどの汚れを
気にしないで済む調理台があったらいいなあと・・強くおもいました。


これはぜひ! 篠原さんとこの、バリアフリー部門で、紹介してほしいなあ~


  

そんな我家にくらべ、篠原ズに建ててもらったアイス実家の居間にある  『畳スペース!』 
これは絶妙でした。

風にゆれて・・


おなかをすこしそらせて 圧迫しないように座るには、ひざが直角に曲がるくらいのところに
畳(座面)がくると、両手を少しうしろについて体を支えるのにちょうどよいのです。

また、腰の悪い叔母が見舞い(?)に来た時もこの畳スペースの高さが絶妙で、
『半分足も上げたりできるからいいねえ』 といっていました。

『座敷で正座』 よりは 『椅子』・・・
でも長時間同じ体制をするのはキツイので この高さの 『畳スペース』が最高なのだそうです!


イメージ写真はこちら。。。

スマイル大賞は・・・?

・・・って・・・また 食べてる~(笑)





  
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(3) TOP
Categorieおまけブログ

 いきなりですが・・・これもそれも、みんな篠原工務店の 『若だんな』 のせいですから・・・

「だんな?なんだ?」とお思いでしょうが、話・・・すすみます!



アイスは、五月の連休明けに突然 腹痛に見舞われたのですが、とにかくそれが脂汗もんにイタイ!!
ご当地名物 筑波山 「がまの油売り」の四六のガマ・・・あれですよ!あれ!! 
 

胆石って・・・ポピュラーな名前ですよね。それが胆管とやらにあって、肝機能も低下!
美人な?お顔も体も黄色になって・・・・いわゆる黄疸症状に・・・
「開腹手術」!!しなくちゃだめ と言われてしまいました 


しかしそこからの闘病生活が意外に長く、きびしく、、、、、そして、、  オモシロク・・・
只今、自宅謹慎?!の退屈さも手伝って、 ついついパソコンにむかっているアイスです。

『こんなアイスに誰がした!』

おわかりですね!そう、それが文頭の・・・ 『若だんな』 (笑!)  


さて、病気という 『自覚』 のないまま、どんどん体力が落ちていくアイス・・・
         そうなってみると些細な事が生活の妨げになる事を実感しました。

  
まずは、病院にて、点滴などに繋がれて、ベッドに寝ている時が多くなると、 天井の蛍光灯の白い光
この強い光には、耐えられなくなりました。  この優しさのみじんもないするどい光線・・・
それが、否応なく真上(病人の目線)から降り注がれる・・・これは思いのほかきつかった。

また、寝たきりに近い時は、部屋の電気を消すのに入り口付近のスイッチに手が届かず、
それだけの用件でナースコールを押すのは忍びなく・・・・ナースさんが来たついでに頼むため
長いこと待つはめになったものでした。

次にお見舞いに来る人の 『元気な声』 や、廊下を通る 女性のカツカツと響く 『ヒールの音』 ・・
普段何ともなかったそれらの音が弱った身にはイタイ・・・ 「攻撃的」 にさえ感じるのです。

アイス、知人のお見舞いでは、元気を分けようと一生懸命 声を出していた事・・・反省でした


病室が扉だったので、これも、車椅子や、点滴台を従えての移動には、半開きのドアにぶつかったりで、
超不便! 間口いっぱい開く引き戸がなによりですね。

トイレが、アコーデオンカーテン(鍵付き)だったのは点滴台持込の時は便利でした。
しかし、音や香り(?)の流出は・・・・まぬがれませんでした 
また、衛生面に若干の不安はありましたが入浴不可の期間にはウォッシュレットに救われました(笑!) 


 r:

その後晴れて、自宅に帰ったアイスは・・・  
オマケ・・・黄疸のときは、なんと!ウ○コ が真っ白でした~(笑!)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieおまけブログ

   またまた・・・ おひさしぶりです



え~~~~~、実は 不覚にも ・・・ 

そう! 不覚にも!!

ごく最近まで、アイス病院に寝泊りしておりました。


篠原工務店で家を建て、お年になった両親ズの面倒を看るはず!!!

だった、この元気ママが・・・


すっかり両親はじめアイスファミリーに世話になってしまいました。

(〈 なんのこっちゃ・・ ))


五月の連休明けからの入院で、約一月のブランク

この間に篠原さんでは、 「新しい展示場がオープン」 し、

二回目の「森への恩返しツアー」があり、「完成現場見学会」 があった。


帰宅して、テーブルに山積みになっていた郵便物の中に 篠原ムラサキ(?)の

広告や広報誌「ひだまり」が二通(二ヶ月分)も!!  

篠原オタクとしては、

「大事なところ・・ とんでしまった!!」 と、悔やむこと しかり!! 〈笑)


しかし、 シャバにでた、一番の実感が・・・篠原さんの「ひだまり」 とは・・・


まだまだ  「アイス魂」 健在!! なんですかね(笑!)



少し元気になってきたので、社長ブログをチェック! 

マニアックつくばブログも!アナログ高島さんも!小池さんも!平塚さんも!はま~さんも!

謀アパートオーナーさんも!(あ?社長ブログにリーゼントが 笑!)


そして、面白い事!みつけました!!

篠原工務店で、モデルハウスの「キャッチコピー」 募集中!

これは、おもしろい!!  さっそくアイスも考えたので、ご披露します!


では、

案その1  『訪問するより帰りたい・・・どこか懐かしい温もりのある家』  OO展示場

案その2  『熱血豪快!先代社長の心意気を感じる家』  OO展示場



さあて、この OO展示場 って、ど~こだ?! 

    (ヒント //  今は昔、リビングにアンティークな花柄クロスが・・・笑!)


         

トラックバック(0) コメント(5) TOP
Categorieおまけブログ

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。