FC2ブログ
2007’12.04・Tue

アフターケア-

現場監督の海賊さんに頼んだ事・・・それは、クロスの合わせ目の手直しです。


リビングの天井クロスの細~いスキマ・・・これをお茶をすすっている(?)海賊さんに見せて、
「なんか、いつの間にか開いちゃったんだけど 」というと、速攻!クロス屋さんに電話連絡・・・

丁度、近くの現場にいるとの事で、その日のうちにクロス屋さんが来てくれました。


dc082577_R.jpg

(数種類のサンプルを貼って選ぶ。。。内装打ち合わせの時の写真です)

大工さんといい、クロス屋さんといい、なつかしい笑顔です。



クロスの張り合わせたところは、人が住み、エアコンなどで、乾燥すると、隙間が開いて
しまうことがあるそうで・・・アイスは特に目立つところを指摘したのですが、海賊さんは
ゆ~っくり家中を確認、付箋紙をはっていきました。




Kクロスさんは、「企業秘密」の兵器?を使って、2~3回塗り、ほとんど目立たなくしてくれました。

これで、少なくとも、その隙間からクロスが剥がれていく事は無いでしょう。
アイスは、クロスの隙間や、剥がれには。。。ちょっと、神経質です。

重々承知のKクロスさんは、「他の木材が、まだ伸び縮みがありますから、春頃もう一度
見に来ましょう。」 ニッコリ!
と、約束して、帰っていきました。



海賊さんも、 「これからも、時々、来ますから。。。」 と言ってくれました。
「えっ、お茶しに?」  いえいえ、頼りにしてますよ~!〈笑)


それにしても、迅速な対処でした。やっぱり、地元の工務店ならでは、と、言う事でしょうか?
 『面倒見の良い工務店』 だなあ~と、思うアイスです。

大手のハウスメーカーでは、車検のように、『半年点検』など、決まっているようですが、篠原ズの場合は、どうなのでしょう・・

Kさんに聞いてみると「盆、暮れの頃には、御挨拶がてら、伺います。」ですって・・・
ホント!なんとなく 『あったかい工務店』です。




「あったかい」といえば・・

dc073040_R.jpg


dc073041_R.jpg


1階和室の天井裏に、断熱材・・・こんなところまで 『おフトン?』 入れていましたっけ・・



 人気blogランキングへ… 順位は忍耐!だ〈笑!)
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie家造り編

 |TOP